1年で変わった事、変わらなかった事 ……

私は旧ブログ時代から一貫して、“ヘンテコな髪型のオッサン”ドナルド トランプさん不支持を貫いております。

ドナルド トランプさんは“超一流の実業家”であり、“一流の悪役エンターテイナー”でありますが、アメリカ合衆国大統領としての“ライトスタッフ(正しい資質)”は全く持ち合わせておらず、御就任後の言動や行動から判断するに“頭もセンスも悪いオッサン”として、不快極まるニュース映像の連発で御座います……………

但し、当ブログ プロデューサー“秀津風親方さん”も御指摘でありますが、些細ながら着実に変化(進歩)した点もあります。よって本日は、御就任1年を機会に『 ドナルド トランプ アメリカ合衆国大統領 』を客観的に振り返ってみたいと思います。

 

『 ドナルド トランプ アメリカ合衆国大統領 』誕生の背景には、“既存システム変更の為ならば体制問わず”という世界的ムーブメントがありました(例 : イギリスのEU脱退)。そーやって誕生した「 トランプ政権 」は、期待と不安を同時に併せ持っていた訳であります。

 

✳️ 期待 / ウォール街とツーカーである(よって景気が良くなるに違いない)。

✳️ 不安 / 政治のド素人である(しかも周辺は敵だらけ)。

 

そして1年間、やたらと過激な発言並びに行動が際立った末に(以下引用)……………

 

 

【 トランプ大統領就任1周年で、女性たちが大規模デモ ⇒トランプ氏「デモ日和だ!」】( HUFFPOST )

ドナルド・トランプ氏の大統領就任1周年を迎えた1月20日、アメリカ各地でトランプ政権への反対を表明する大規模なデモ「Woman’s March(女性たちの行進)」が開かれた。ワシントンD.C、ニューヨーク、ロサンゼルスをはじめとするアメリカ全土で250以上のデモに、100万人以上が参加したと見られる。

2017年、ハリウッドの大物プロデューサーから受けたセクハラを有名女優らが告発したことに端を発する「#MeToo」ムーブメントなどに後押しされ、今年も大きな盛り上がりを見せた。ニューヨークでデモに参加した30歳の女性は、ハフポストUS版の取材に対し「今年のデモは去年のものとも違うように感じます。#MeTooのムーブメントでセクハラや性的暴行の被害者にも光が当たっている。だから去年よりもっと強い怒りがある」と話した。ロサンゼルスでデモに参加した女優のナタリー・ポートマンさんは、集まった人々にスピーチを行い「昨年は革命のはじまりだった。今年は、ここにいるあなたたちのおかげで大きなうねりになっている」と述べた。( 2018年1月22日 )

 

 

 

 

結果的に“ヘンテコな髪型のオッサン”は、全米の“女性とマスコミ”を敵に回してしまいました。“女性とマスコミ”を敵に回して成功した国際的リーダーは、近代史に於いて殆ど存在致しませんので、ドナルド トランプさんは既に“崖っ淵”に立たされており、加えて足元の側近スタッフさえ不安定で信頼度が低い現状。

相変わらず、任期満了を待たずに“罷免される可能性大”で御座います。

そもそも、“手紙&電話”をメイン ツールとしていた世代のドナルド トランプさんが、Twitterを駆使して国民にメッセージを送る手法は、就任直後の話題作りとしては巧みなパフォーマンスでありましたが、就任後1年を経過しても尚“暴言発信ツール”としてTwitterにハマっているオッサンに対して、“アメリカ合衆国大統領として、ホンマにダイジョーブかいな?”と心配する声が多くて当然かと……………

つまり今現在のドナルド トランプさんは、“今後も景気が良くなるに違いない”という一雫の望みだけで支持されているのであり、今後“起死回生のスマッシュ ヒット”が無ければ試合終了(反則負け)かと思われます。

 

 

 

 

因みに、昨年末ニューヨークを訪れた知人による「“街全体のフレンドリーさ(人懐っこさ)”が、以前に比べて減少した様に感じた。」との御言葉が、ヒジョーに気になる変態オッサンであります。

このままで大丈夫かニューヨーク?と云うか、このままで大丈夫かアメリカ合衆国?……………

 

ところでプロレスには、スター性のある“ヒール(悪役)”と“ベビーフェイス(善玉)”が必要であります。ドナルド トランプさんは“一流のヒール”でありますが、ファン(国民)から求められている要素が満たされなければ、タイトルマッチの挑戦権は永遠に得られません。

そこで、“我が国を代表するヒール”小池百合子さんと「 国境なきヒール軍団 」を結成して、是非とも国際政治フィールドで大暴れして頂きたいと思います!

 

 

 

( 画像は全てネットから拝借。)

 

 

“1年で変わった事、変わらなかった事 ……” への2件の返信

  1. 仰る通りですなぁ…
    ところで先週、アップルのティム・クックCEOが昨年の税制改革法成立を受けて米国内で多額の投資を行う計画を発表しましたが、まるでトランプ大統領の就任1年を祝福するかのごとく絶妙なタイミングだったことに驚きました。

    1. ソレに関しては私もチョット驚きました……………
      どーやらティム クックさんは、トランプさんの“数少ない味方の1人”の様デス!
      私を含めて多くのユーザーが「 Made In USA 」のAppleさん製品を望んでいるとは思いますが、問題は“完全中国丸投げ体制”を確立したAppleさんが「 Made In USA 」に戻した場合、商品価格の高騰によって売り上げ減少=株価(時価総額)の低下を招きますので、ティムクックさんと云えども“リスキーな大勝負”には違いありません!!
      ところで、私が以前から気になっていたのは「 2代目 HONDA NS-X 」であります。
      ドイツ生産もしくはイギリス生産なら理解出来ますが、高級スポーツカーを“アメリカ(デトロイト)生産”って、失礼ながら何のステータスも付加価値も無いデスよねぇ?……………
      アレって、メインマーケットであるアメリカの次期大統領が、トランプさんになるって推測下のプロジェクトだったんスかねぇ?……………
      だとしたら、HONDAさん恐るべし!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)