変な髪型のオッサンが世界を振り回す悪夢 ……

旧ブログでは何度か申し上げましたが「 イギリスのEU離脱 」と「 トランプ大統領誕生 」には幾つかの共通点が御座います。例えば、どちらも後日になって“大規模な反対デモ”が開催されたり、投票自体に異議を唱えたりと反対運動が“未だに根強く進行中”という点であります。

コレは“現状を打破してくれるなら何でも(誰でも)良かった”事を強く意味しており、よって「EU離脱賛成側が勝ったと云うよりも、EU離脱反対側が負けた。」並びに「ドナルド トランプさんが勝ったと云うよりも、ヒラリー クリントンさんが負けた。」と言った方が正しいかと思われます。

残念ながら“もはや過半数が民主主義(民意)とは限らない”のが最新グローバル スタンダードであり、折しもヨーロッパとアメリカでほぼ同時に証明されてしまったので御座います!

そんな渦中の“超一流悪役レスラー”ドナルド トランプさんの近況は(以下引用)……………

 

【 トランプ米大統領、支持率37% 就任以来最低の水準に 】(CNN)

米国のドナルド・トランプ大統領の支持率が37%と1月下旬の就任以来最低の水準となったことが21日までに分かった。不支持の割合は58%だった。調査会社ギャラップが明らかにした。トランプ大統領の支持率はこれまで40%台の半ばあたりを上下していた。
支持率の下落は、医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃に向けて共和党が提示した法案や、裁判所からの反対に直面している入国禁止令などに対する国民の不満を表しているといえそうだ。トランプ氏はまた、オバマ前大統領が大統領選時にトランプタワーに盗聴を行ったと主張しているが、これまでのところ具体的な証拠は提示していない。
ギャラップは、トランプ大統領の仕事ぶりについての支持・不支持を日々追跡している。全米の成人約1500人に電話インタビューを行っており、誤差はプラスマイナス3パーセントポイント。(2017年3月21日)

 

上記の記事を読んで誤解して頂きたくないのは、ドナルド トランプさんが“ニュー バージョン入国禁止令”を発動して、またしても連邦地裁の一時差し止めを命じられたり、オバマ前 大統領さんに盗聴されたと“被害妄想劇場”の座長を務めて失笑されたり、はたまた各国首脳との会談に於いて“反則技の連発”によりノーコンテスト試合が続いたりしても、“ウォール街の株価は一貫して上昇傾向”にあるという事が重要なのであります。

結局のところ、ドナルド トランプさんは公約を粛々と遂行中で御座いまして、多少の支持率低下はあっても全ての作戦は極めて順調、そして予定通りに“国民の支持を得ている”訳であります。しかし、そんな“計算高いドナルド トランプさん”にも予想外のウイークポイントがあるとしたら、私はソレが他ならぬ「 Twitter 」ではないかと思っております……………

 

ドナルド トランプさんは1946年6月14日のお生れですから、今現在は70歳でありまして私より16歳もお年上で御座います。つまり、コミュニケーション手段として主に“電話&手紙”を使用してのマンツーマン コミュニケーションを主流としていた世代であり、故に「 Twitter 」を使用してのマス コミュニケーションに対しては違和感を持つのが当たり前かと思われます。

因みに私の場合、マスに向けて発信したいメッセージはブログやSNS等の手段を使用致しますが、一度ブログやSNSで発信したメッセージであっても、アフター フォローは出来る限りメールや電話を使用してマンツーマン コミュニケーションで行います。ところがドナルド トランプさんの場合は、御自身が「 第45代 アメリカ合衆国大統領 」という“超特別なお立場”で、しかも“電話&手紙”世代であるにも拘らず「 Twitter 」を最も身近なメッセージ ツールとして使用し、今のところは「 発信 〜 炎上 〜 受信 〜 再炎上 」と巧みに操作していらっしゃいますが、いつの日かソノ「 Twitter 」に“足元を掬われる”様な気が致します。

 

何れにしてもドナルド トランプさんは“超一流悪役レスラー”でありますから、芸風がヒジョーに分かり易い上にスター性が飛び抜けております。ですから“三流ベビーフェイス レスラー”である我が国の首相さんに比べると、先進国のフロントマンとして世界に与える影響は強大で御座いますが……………

コノ調子でウォール街の株価が上昇し続ければ、来年の今頃は“ドナルド トランプさんの髪型が全米大ヒット(?)”かと思うと、今夜も怖くて眠れない変態オッサンでありました。

 

( 画像は全てネットから拝借。)

 

 

 

 

 

 

 

 

“変な髪型のオッサンが世界を振り回す悪夢 ……” への2件の返信

  1. いやぁ、全くその通りだと思います。
    仰る様に、「EU離脱賛成側が勝ったと云うよりも、EU離脱反対側が負けた。」並びに「ドナルド トランプさんが勝ったと云うよりも、ヒラリー クリントンさんが負けた。」が120パーセント的確な正しい表現だと思います。言い換えれば、例えばdevilotaさんが米大統領選に出馬(?)されても当選の可能性が大いにあったという事であります(失礼ながら…)。
    70歳のアノおっさんのTwitter投稿の暴挙は、まるで幼子が自分のママのスマホを弄り捲る姿と全く同じだと思います。

    いつの日か、目が覚めたら、ヒドイ悪夢を見ていたのだという朝を迎えたいものです…。

    1. 全く同感で御座います!
      やはり、慣れないオッサンが“文明の利器”の楽しさにハマってしまい、本当に言うべき事や本当にやるべき事が理解不能の状態かと思われます……………唯一の楽しみは“アノ髪型が流行るか否か?”でしょーなぁ。
      ところで私は、北海道知事になってソノ後は北海道を独立国家とし『 初代 北海道国大統領 』に就任する夢でも見る事と致します!?!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)