夢・夢のあと …… 追悼 高田賢三様。

中学生時代(70年代後半)、レッド ツェッペリンやデヴィッド ボウイ等“洋楽ロック”を通してファッションに興味を持った私ですが、当時の私にとってロックやファッションは即ち“白人文化”そのものであり、間違っても“アジア人(日本人)”は一生進出不可能なジャンルだと思っておりました。

ところがある日、KENZO TAKADA(高田賢三)さんという日本人が“モードの本場パリで大活躍している”というドキュメント番組を見て、ヒジョーに衝撃を受けました。しかも、作風はかつて見た事も無い民族調(アジア、アフリカetc.)、おまけに“ド派手でファンキーな色柄”にも拘らず、基盤はトラディショナルで極めて上品。“こんな凄い日本人が居るんだ?” と本当に驚きました。

“高田賢三さん並びにKENZOブランド”に興味を持った私は、ヘアメイクを目指して上京しますが朝食はパン一枚、夕食はインスタントラーメンで仕送りを節約し、年2回の西武デパート バーゲンで高田賢三さんの服を買う生活。しかしながらKENZOブランドに限らず、当時の有名デザイナーズ ブランドはメンズラインを展開していない場合が多く、したがって“メンズっぽいレディース クローズ”を毎回購入しておりました。

今にして思えば、当時の私は“感覚、気力、体力”が充実しておりましたので、色々な運が回って来た様に感じます。ヘアメイクになって2年後、パリの有名ヘアサロン兼ヘアデザイナー エージェンシーに所属するだけでもラッキーなのに、師匠が高田賢三さんと公私に渡って付き合いがあり、何と高田賢三さんのパリコレでヘアを担当させて頂いたり、お酒やお食事をご馳走になったり……………

私が帰国後も、東京にいらした時には何度かお会いして食事したり、クラブに御一緒したりと、楽しい思い出が沢山あります。

Kenzo in Paris, 1994.

大きな家に住み、PORSCHEを乗り回して“有頂天”になっていた私はやがて破産廃業し、ソノ後はスッカリ疎遠になってしまいましたが、LVMH(ルイ ヴィトン モエ ヘネシー グループ)に会社を売却したとか、“約25億円で建設した豪邸を手放した”とか、“酔っ払い運転で公道を逆走して逮捕された”とか、現役を引退したとか、復帰して会社を設立したとか、高田賢三さんの情報は常に気になっておりました……………

❇️ “天下のサンローラン”からパリコレの大トリを奪った男。

❇️ “フォークロア(民族調)、スーパーレイヤード(重ね着)”を普及させた男。

❇️ “コットンの価値”を再認識させた男。

「例え同じ素材、同じ染料、同じ型紙を使ってもパリと東京では全く同じになる訳がないよ。だってパリと東京では“空の色”が違うもの。」と仰った高田賢三さん。

多くの日本人クリエイターがパリに魅了されましたが、高田賢三さん程“パリから愛された日本人”はもう2度と現れないと思います。

心より御冥福をお祈り致します。

そして、本当に有難う御座いました!

( 画像は全てネットから拝借。)

“夢・夢のあと …… 追悼 高田賢三様。” への2件の返信

  1. 高田賢三さんと御親交があったとは流石でございますが、憎きコロナの犠牲になられましたところは残念でなりませんねぇ。
    TVで拝見したことしかありませんが、非常に独特の話し方でファッションに対する哲学を熱くお話しされていたのを思い出します。

    心より御冥福をお祈り申し上げます。

    1. 個人的に情けない点は、破産廃業した故にソレ以降は恥ずかしくてお会い出来ず、昔の御礼がちゃんと言えなかった事であります。
      ファンとして悲しい点は、フランス政府から勲章を幾つも授与された“日本の誇り”にも拘らず、死因が「新型コロナウィルス」の為に立派な御葬式も行えず、人知れず“灰”になってしまう事であります。
      本当に「新型コロナウィルス」を恨みます……………
      親方もお気を付け下され!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)