老舗名門 次の一手 ……

音楽好き(特にロック)なら誰もが御存知の楽器メーカー「 フェンダー ( Fender Musical Instruments Corporation / アメリカ , 1945〜 ) 」は、エレクトリック ギター メーカーとして特に有名であり、ジェフ ベック ( 本名 : Geoffery Arnold Beck / イングランド , 1944〜 )先生を始めとして、“世界有名ギタリスト御用達”の銘品で御座います。

 

 

そんな由緒ある名門楽器メーカーさんが、“高級イヤフォン分野”に参入するというニュースを聞いたのは2016年(以下引用)。

 

 

【 Fender、ヘッドホン市場への参入は上々の滑り出し 】( TechCrunch Japan )

Fenderがヘッドホン業界に参入するという計画を発表した際に、疑問を抱いたのは私だけではないことはわかっている。これまでいくつかの有名ブランドが、OEM生産されたハードウェアに自社のロゴを貼り付けただけのものを使って、既存製品群外への進出を狙う前例を見てきたからだ。

先週の電話インタビューにて、FenderのCMOであるEvan Jones氏は、そのようなつもりは全く無いと私を安心させてくれた。Fenderは、ヘッドホンを単にプロ向け製品の次の妥当なステップとしてだけでなく、これまでのアンプ開発で培ってきた音声技術の延長線上にあるものとして捉えている。( 2016年5月16日 )

 

 

失礼ながら私はてっきり、“完全丸投げOEM生産品”に「 Fender 」と刻印しただけの商品展開だと思っておりましたが、商品開発に当たっては音響機器メーカーAurisonics(アメリカ)さんを買収しており、コレが予想外の“本気度”でありました。

以前、SONYさんの“オートクチュール イヤフォン”「 Just Ear 」を御紹介致しましたが、耳型採取から始まる“完全受注生産”に加えて、“オーバー30万円”と豪華絢爛なお値段にも拘らず、今現在“約6ヶ月待ち”とも言われております。更に今後“ハイレゾ音源”の普及に伴って、ハイエンド イヤフォンの重要は確実に増えると思われますが、Fenderさんのイヤフォン ラインナップは、お値段も約1万円〜16万円と豊富な価格帯を揃えており、今流行りの“3Dプリンター成型”を採用した点でもFenderさんの“ヤル気”が伺えます。

 

『 Fender Pro Series 公式プロモーション ムービー 』

 

そして昨年、改めて“最上位機種”が仲間入り致しました(以下引用)。

 

 

【 フェンダーのプロ向けイヤホンに最上位「FXA11」登場。5ドライバー仕様で16万円 】( Stereo Sound ONLINE )

フェンダーから、プロフェッショナル向けのユニバーサルIEM「FXA」シリーズの最上位モデルとなる「FXA11」が発表された。発売は11月下旬より。価格はオープンで、想定市場価格は¥158,000前後。FXA11は、ドライバーに、ダイナミック型(低域用)1基とバランスド・アーマチュアー(BA)型(中高域用)4基を搭載したハイブリッドイヤホン。プロフェッショナルの現場でも使える仕様となっているのが特長だ。( 2017年11月6日 )

 

『 Fender FXA-11 』

 

 

因みに私自身は、未だにFenderさんのイヤフォンを聴いた経験が御座いませんが、ルックスを見る限りは高音質を予感させますし、信頼性の高いネット レビューでも既にかなりの高得点を獲得しております。Fenderさんはギター アンプも生産しておりますので、イヤフォン製造に転用可能な“スキル&ノウハウ”は既にお持ちだったと想像出来ますが、加えて一流音響機器メーカーを買収した事で、新規分野参入への万全な体制が整ったのだと思われます。

 

しかもFenderさんは、イヤフォン以外にもTシャツ、キャップ、サングラスetc.のファッション アイテムにも精力的に取り組んでおり、もはやビジネス展開に関しては“異種格闘技状態”で御座います。

 

 

こーやって拝見致しますと、「 Fender 」さんと云うブランドが単に“一流の香り”を持っているだけではなく、ブランド ロゴがあらゆる商品に不思議とマッチしてしまうのが分かります。おそらくソレが“多様な商品展開”をする場合の必須条件かも知れません……………

 

 

今後も“一流有名メーカー(ブランド)”による、他ジャンルへの新規参入が加速すると予想されますが、我が国にもあらゆるジャンルの“老舗名門メーカー(ブランド)”が存在致しますので、是非とも“所有欲を刺激してくれる異種格闘技商品”を期待したい変態オッサンで御座います。

 

ところでSONYさんは、お得意のセンサー技術で肌診断を行う“基礎化粧品ブランド”「 CP COSMETICS ( シーピー化粧品 ) 」を運営されておりますが、個人的にはもっと“SONY感を前面に押し出して”アイシャドウ、チーク、口紅等の、所謂“色物化粧品”を発売した方が良いのでは?と考えております。

例えば(以下妄想)……………

 

ー BRAVIAで蓄積した色彩感覚を、独自の技術によって余す事なく転用 。新感覚ヴィヴィッド カラーのコスメティック コレクション ー

『 FLOVIA ( フラビア ) by SONY 』

 

SONYさん代表商品である「 BRAVIA 」と、花(FLOWER)を引っ掛けた“誠にドイヒーなネーミング”はさて置き、もし、SONYさんらしくハリウッド スターを起用したド派手なCMで、化粧品業界に“本気”で打って出たらヒジョーに面白いと思います!

当サイトのプロデューサーであるデジタル マスター“秀津風親方さん”、如何でしょーか?……………

 

 

 

 

( 画像は全てネットから拝借。)

 

オートクチュール オーディオ ……

48年間“洋楽一筋”だった私には、U2さんの東京公演(1998 , 東京ドーム)で知り合ったイギリス人がおりました。ソノお方から「このアジアン ガールズ、きっと世界的にブレイクするから覚えておいた方がイイよ。」と2010年に戴いたシングルCDが『 Genie / 少女時代 』であります。“ジャパニーズ ソング by コリアン ミュージシャン”という点が厄介で御座いますが、ソレは私が所有した“初のジャパニーズCD”という、極めてエポックメイキングな1枚でありました。

結局のところ、少女時代さんにスッカリ魅了されてしまった私は、少女時代さんジャパン ツアーに計5回も参戦してしまいましたが、東京生活最後の参戦となった『 Girls’ Generation 2nd Japan Tour 2013 』では、何と“アリーナ席、前例4番(しかもランウェイ側)”という神席に遭遇致しました。メンバーの方々がターンする度に、各々が着けている香水がプーンと香るし、膝の痣まで見えるし……………

私は興奮のあまり、3回も“脱糞”しそーになりました。

最も興味深かったのは、コスチューム チェンジでステージ アウトする度に、舞台袖でスタッフと何やら会話する様子が見られた事でした。さすがに声は聞こえませんでしたが、主にステージ モニターとして使用しているイヤフォン(所謂イヤモニ)に関して、スタッフに何か注文を付けている様子が目立ちました。おそらく“もっと高音(低音)を上げて欲しい”とか、“電波の状態が悪くて聞き取り難い”とか言っていたものと思われます。

彼女達のライブは、ワンステージ20曲〜30曲中の約10曲を“口パク”ではなく実際に“生歌”で聴かせてくれます。よってモニター サウンドには、若干ナーバスになっていたのが印象的で御座いました。

 

『 Girls’ Generation 2nd Japan Tour 2013 』より。

 

後日、ミュージシャンの知人に尋ねたところ「確か少女時代さんが使っているイヤモニは、アメリカのUE(アルティメット イヤーズ)製のカスタム ラインだと思いますよ。専門機関で“耳型を取る”だけでも1万円位掛かりますし、メンバー毎にフェイク ストーンでデコレーションしているので、トータルで“約25万円”ってところデスかねぇ。」との御言葉。

プロフェッショナル ツールなのでお高いのは当然としても、余りにも御立派なお値段に加えて、“耳型を取る”という徹底した製造プロセスにも驚きました……………

 

『 UE カスタムライン 』( 少女時代さん使用機種とは異なります。)

 

因みにUEさんは、Van Halenのドラマーであるアレックス ヴァン ヘイレンさんの要請によって、モニター エンジニアのジェリー ハービーさんが1995年に設立(後に脱退)したブランドで御座います。現在では、プロフェッショナル ミュージシャンにスッカリ定着した、この“カスタム インイヤー モニター ”というジャンル。

SONYさんが更に“一歩発展”させてくれました( 以下引用×2 )。

 

【 Just ear とは 】About Just ear

ひとりひとりの耳の形に合わせてつくられる、
テイラーメイドイヤホン

ヘッドホンやイヤホンにおいて、装着性と音質は密接な関係にあります。
なぜなら、装着状態によって聴こえる音が変わってしまうからです。
良い音で聴くためには、快適で安定した装着状態が必要です。

音質を追及するための、究極の装着性。
これを実現するためにたどり着いた”テイラーメイド”という概念。

耳の専門家と、熟練のマイスター達によって生み出される究極の装着性と、
さまざまなヘッドホン・イヤホンの音響設計を担ってきたエンジニアが提案するあなただけのための音。

最高品質の一台をつくるために必要となる丁寧な工程と独自の技術による
プレミアムな体験を味わうことができるカスタムインイヤーモニターの最高峰、Just ear 。

オーディオのパフォーマンスを最大限に。

そしてあなた史上、最高の音へ。( SONYさん公式Webサイトより。)

 

『 XJE – MH1 』

 

【 ソニー「30万円イヤホン」に長蛇の列 欲しくなるワケ 】( 日経トレンディネット )

「誰の耳にも合うイヤホンは難しい」
Just earの音づくりとXJE-MH1の音質カスタマイズを担当するのが、ソニービデオ&サウンドプロダクツの松尾氏だ。松尾氏はソニーのイヤホン「MDR-EX800ST」やヘッドホン「MDR-1R」など、数々の製品開発に音響設計担当として携わったエンジニア。また、製品開発のために耳型を採取する「耳型職人」でもあった。さらに、Just earの設立を中心になって進めた存在でもある。

製品開発に明け暮れたエンジニア時代、松尾氏が感じていたのは「誰の耳にも合うヘッドホンやイヤホンを作るのは難しい」ということ。Just earはその課題を解決し、装着感も音質も両立させるために松尾氏が生み出したブランドといえる。( 2017年7月26日 )

 

 

確かに“30万円”は御立派過ぎるお値段でありますが、SONYさんシステムの特徴は、我が国を代表するサウンド エンジニアのお方が、耳型採取から詳細音質設定迄を“マンツーマン”でやって下さる点であります。実際に購入者が好きな曲を再生しながら、じっくりと時間を掛けて周波数毎の強弱を調整するとの事。つまりジャパンを代表する“超一流エンジニア完全独占”で製作する、真の“オートクチュール インイヤー モニター”なので御座います!

 

残念ながらド貧乏の変態オッサンにとっては、お値段だけで既に“アウト オブ 選択肢”でありますが、もし“30万円”払えるとしたら……………

私は迷わずに、“少女時代 スヨンさんの耳型”を買ってしまうと思います。

 

✳ PS )  祝 「 少女時代さん デビュー 10周年 」

 

( 画像は全てネットから拝借。)