過ぎ行く「 平成 」……

天皇陛下の退位(本来ならば“譲位”と表現すべき)に伴う新元号「 令和 ( Reiwa ) 」が発表されました。

当ブログ運営中に“元号が変わる機会”は滅多に御座いませんので、本日は“「 平成 」30年間”を私なりに振り返ってみたいと思います……………

思い起こせば「 平成 」がスタートした1989年は、私が結婚した年でありました。( 因みに、結婚式を予約した某ホテルから事前に「万が一、結婚式直前に天皇陛下(昭和天皇)が崩御された場合は、お式の演出etc.に関して若干変更させて頂くかも知れません。」的な内容を、担当者の方から伝えられたのを覚えております。)

「 平成 」という元号は、“平和で優しさに満ちた時代”をイメージさせますが、今振り返ってみれば“個人的”にも、そして“国内的”にも、誠に残念ながら“災いに満ちた苦難の時代”だった様に感じます……………

❇️ ー 1995年 ( 平成7年 )「 阪神、淡路大震災 」発生 ー

大阪電通さんのお仕事が進行中でありました私は、打ち合わせ等で頻繁に大阪、神戸を訪れておりました。「 阪神、淡路大震災 」発生当日、大阪電通さんから「本日、予定通りPPM(最終段階の打ち合わせ)を行いますが、御存知の様に新幹線は使えませんので、飛行機でいらっしゃって下さい。」との連絡がありました。

大阪入りして、待ち合わせ場所だったホテル ラウンジに到着すると、天井は常に余震で揺れており、現れたプロデューサーさんが「実は未だ当社スタッフや、クライアントさんの安否確認が出来ない状態であります。誠に申し訳御座いませんが、本日のところは、このまま東京にお帰り頂けませんか?」との事……………

ホテル ラウンジのディスプレイに表示される“地震による犠牲者数”を見て、“現実とは信じ難い大惨事”の中、ただ呆然と立ち尽くすだけでありました。

❇️ ー 1996年 ( 平成8年 ) 「 NY エージェント廻り 」 ー

複数のエージェントさんから所属を打診されましたが、条件であった“当面の生活費として5万ドルを準備する”が果たせず、ニューヨークでの活動を断念。

❇️ ー 1997年 ( 平成9年 )「 離婚 」ー

❇️ ー 1998年 ( 平成10年 ) 「 破産 」ー

❇️ ー 1999年 ( 平成11年 ) 「 ヘアメイク廃業 」ー

❇️ ー 2009年 ( 平成21年 ) 「 母親他界 」ー

❇️ ー 2011年 ( 平成23年 ) 「 東日本大震災 」発生ー

“ヘアメイク破産廃業”後、アルバイトで生計を立てていた私は「 東日本大震災 」発生当日、大井埠頭の作業現場から品川駅迄、バスで“約2時間(通常は約20分)”掛かって到着した後、“約3時間”も歩いて桜新町のアパートに帰宅致しました。道中、様々な店舗のウインドーに“トイレ貸します”や、“道案内出来ます”との張り紙がありました。

道玄坂では“水商売らしきお姉さん達”が、「簡易トイレをお配りしています。数に限りが御座いますので、女性の方優先で御願い致します。」と声を限りに叫んでおり、三軒茶屋では“予約が取れない人気レストランの店員さん”が、「無料のコーヒーは如何ですか?先は長いのでココらで一息入れませんか?」とコーヒーを勧めてくれました……………

“東京って捨てたもんじゃない”と再確認した日。

❇️ ー 2013年 ( 平成25年 ) 「 父親介護 」開始 ー

❇️ ー 2014年 ( 平成26年 ) 「 父親他界 」ー

❇️ ー 2018年 ( 平成30年 ) 「 北海道胆振東部地震 」発生 ー

人生初の“41時間連続停電”を経験。

❇️ ところで……………

おそらく現在“独自の元号”を採用している国は、世界中でも我が国だけかと思われますが、21世紀の今日に於いては、西暦に統一した方が“あらゆる意味で合理的”なのは間違いありません。

政府関係者の方曰く「元号は天皇陛下の“おくり名”にもなるので不可欠な存在である。」との御見解でありますが、ソレならば天皇陛下が崩御された後、又は退位(譲位)された後の“お呼び名”として使用するべきだと考えます。


❇️ しかしながら……………

せめて「 令和 」という新時代が、“幸多く、災いが少ない時代”であります事を、心から願う変態オッサンでありました!

( 画像1〜5、7は自身のInstagramより。画像6はネットから拝借。)



2 Replies to “過ぎ行く「 平成 」……”

  1. 仰る通りですなぁ…
    思い起こせば、平成は極めて予想だにしなかった自然災害が次から次へと発生しました。かつてない、未曾有の、50年100年に一度の、初めてのなど、これまで経験のない全く予想外・想定外の災害が次々と発生したのも平成の記憶として鮮明に刻まれると思います。
    これからもまだまだ未知の大きな災害が発生しそうな感じがしておりますが、仰る様に平穏な令和という時代を切に迎えたいものです。

    1. デスよねぇ?……………
      全く“平成(平和)”じゃない時代でしたから、今度コソ“令和(平和)”であって欲しいと思います!!
      但し、個人的には一日も早く“西暦に統一”して欲しいと感じておりますので、そろそろソレに関して審議を始めて頂きたいところであります。
      因みに、出典が“万葉集云々”とか話題になっておりますが、受け取り方は国民次第なので、国民一人一人が好きな様に「 令和 」を解釈するべきでは?……………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)